edだと感じたらひとまずカマグラを知っておこう

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket

EDは、元々は年配の男性が加齢による精力減退などが原因で起こるとされているものだったのですが、昨今は社会の過度なストレスや不規則な生活、心因性のものなど様々な要素でEDになってしまう人が年配の男性だけでなく若い男性にも出てくるようになってきました。

いまや、EDというのは年配の男性だけでなく若い男性にとっても他人事ではなくなってしまうという状況になっているのです。
だから、ED治療薬という物も決して若い人たちも使うことは可笑しくなくなってきていることなんです。

カマグラとは一体何なのか

このED治療薬は、恐らくED患者であったり現在EDに悩まされている人でなければ聞き慣れない名前だと思います。
一体、これはどんなED治療薬なのかということなのですがED治療薬では最も有名な物と言えばバイアグラですね。
そして、このED治療薬はそのバイアグラのジェネリック薬なのです。

ジェネリック医薬品というのは、同じ効能や同じ効果、同じ成分で構成された後発の医薬品で正規品ではない分値段が安く、海外でも処方しているので個人輸入などで簡単に手に入れることができるなどのメリットがあります。
どちらも、有効成分はシルデナフィルという物なので基本的に名称と値段と製造元が違うだけで効果は同じものと言っていいでしょう。

カマグラには沢山の種類がある

バイアグラは一種類しかありませんが、このED治療薬は実は結構色んな種類があるんですね。
カマグラという物とカマグラゴールドというようなものがあるのです。
一体何が違うのかというと、輸出用の物と国内用の物という風に分かれており基本的にはそれほどは変わりはありません。

また、錠剤タイプの物以外にも飲みやすいようにゼリータイプの物もあったりして、すぐに飲み込むことができるようになっていますので初めてこの医薬品を使用するという場合はゼリータイプのカマグラオーラルゼリーがお勧めです。

しかも、このカマグラオーラルゼリーはゼリー状なので錠剤タイプのものよりも飲みやすいほか、ライチ味、ラズベリー味、グリーンアップル味、キウイ味等、と言ったようにフルーツ味に加工されていますので、薬独特のあの苦みのあるいやな感じがしないのでより飲みやすいかと思います。

錠剤やピルタイプのものが苦手な人にとっても、オーラルゼリーは非常に飲みやすく服用も苦痛にならなくて済むということなのです。
他にも、錠剤のまま呑むのではなく水に溶かして飲むような発泡剤タイプ、口の中で溶けてしまうようなものなどもあります。

こちらも、オレンジ味やバナナ、パイナップルやイチゴ味などフルーツ味でとても飲みやすいものになっているのが特徴です。
それぞれ、味や経常が違うほか、吸収速度なども違いますのでそれぞれシチュエーションにあった物を使い分けたいですね。

カマグラの有効成分について

バイアグラと同じく、このED治療薬はシルデナフィルクエン酸塩が含有されていますので効果や副ザ用に併用してはいけない薬などもバイアグラと同じものだと考えていいですね。

EDの症状を解消するメカニズムもやはりバイアグラと同じものになっており、ホスホジエステラーゼ5という働きを阻害してサイクリックGMPの分解を抑制することによって血管を拡張させてペニスの海綿体の血流をよくして勃起不全の症状を解消しようとするという他のED治療薬と同じ効果です。

しかし、製法などが違うこともありますので厳密には全く同じ物とは言えませんし、とくにゼリータイプだったり発泡剤タイプなど普通の錠剤タイプの物とは違う物は微妙に全く同じ効果が保証されているわけではないということをあらかじめ理解しておきましょう。

カマグラはどこでできているのか

このED治療薬は、一体どこで作られているのかという話ではありますがバイアグラのジェネリック医薬品という位置づけにあります。

そして、こう言ったジェネリック医薬品というのはインドで作られることが多いんですね。
カマグラも同様で、インドのムンバイにある製薬会社で製造され販売もされている物なのです。
インド国内では、カマグラゴールドという名称で販売されており主に海外輸出される、主にわれわれ日本人が手に入れることができるのが後ろに何もついていないほうの名前になっています。

なぜ海外用と国内用で名前を使い分けているのかはわかりませんが、効能自体は特に変わりませんので海外輸出用だから国内用の物よりも良かったりだとか悪かったり、なんていうような心配はありません。

ED治療薬のジェネリック医薬品、というのは基本的にバイアグラ 海外は値段が安いだけで殆どが同じ物なのですが、この医薬品に限っては形状なども違ったりしますので発展している珍しいタイプなんですね。

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket