カマグラの派生しているタイプとは

GREE にシェア
LINEで送る
Digg にシェア
Pocket

輸出用と国内用でそもそもカマグラは売り分けがされているのです。

国内ではカマグラゴールドという名前で売り出されているのですが、国内というのは製造元のインドのことなのでわれわれ日本人が手に入れることはあまりありません。

私たち日本人が購入するのは、海外に流通している輸出用のカマグラという名前のED治療薬なんですね。

基本的に、この二つともシルデナフィルが有効成分なのは変わらないので基本的には変わりません。

錠剤以外のタイプの派生形について

これらED治療薬は、実は錠剤以外の別のタイプの物があっておよそ3つのタイプがあります。

大きく分けて発泡剤タイプ、ゼリー状タイプ、そして噛んで服用するタイプです。
発泡剤タイプは、コップの水に入れて溶かすものであり子供用の風邪シロップみたいに飲みやすいんですね。

ゼリー状の物は、フルーツ味の物ばかりで甘く飲みやすいうえに水なども必要なくつるっと飲むことができるので薬を上手に飲むことができないような人でも簡単に飲むことができるようなものになっています。

そして、噛むタイプの物は口の中で溶かしてから噛んだりして口の中で細かくして飲むタイプのものですね。

普通の錠剤はかみ砕いたりすると苦みがするのですが、こちらもフルーツ味になっているのでやはり錠剤をそのまま飲むのが苦手な人向けの物になっていますね。

派生タイプの違いについて

基本的にこれらの発泡剤タイプやゼリータイプ、チュアブルタイプと呼ばれる形状や飲み方が違うED治療薬は味がついていたりして口に入れたときの感覚も違います。

しかし、実はそれだけではなく味や形状が変わっているのと同様に体内に吸収される速度なども変わるんですね。
効果の現れ方、持続時間なども微妙に変わります。

あくまで、これらは完璧にバイアグラと同じ効果を持っているというような物ではなくバイアグラの類似品であり、やや違う部分もあるんですね。

とは言え、基本的にバイアグラの類似品であり有効成分も同じシルデナフィルクエン酸塩のみで余計な別の成分を入れていることはありませんのでバイアグラにないような予期せぬ副作用が起きたりする心配はありません。

なので、安全に利用するためにはバイアグラと同じ注意点にさえ気を配っておけば大丈夫です。

GREE にシェア
LINEで送る
Digg にシェア
Pocket