カマグラの特許についての解説

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket

基本的に、ジェネリック医薬品というのは元の新薬の特許が切れてから同じ成分や製造法によって別の製薬会社での精製が可能になっている物なのです。

だから、基本的にはジェネリック医薬品というのは新薬の突起が切れるまでは作ることができないんですね。

しかし、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラに関しては実はやや制度やその作られた過程が通常のジェネリック医薬品と違うインド独自の制度に基づいたものになっているのです。

インドでは成分特許がない

国際特許では製造特許と成分特許という物があり、医薬品の製造は製造方法はもちろん成分を真似して作ることはできません。

しかし、インドでは製造特許のみが認められ成分特許という物がありませんので、製造特許が切れていなくても同じ成分の医薬品をジェネリック医薬品として製薬することが許可されているのです。

しかし、そう言った物はインド国内でしか販売することは許されておらず輸出する際にも日本の薬局や医院などに卸すことは法律で禁止されています。

だから、国際特許のルールに基づいていない製薬のされているカマグラは実は日本では正規ルート流通していないので手に入れることができないのです。

どうやってこのED治療薬を手に入れるか

そこで、法律の抜け穴を使った方法が自分でインドの医療機関に購入しに行くか、インターネットの個人輸入代行業者に依頼して通販で購入するかです。

国際特許に基づいた販売流通は、あくまで法人での物になっており実は個人で輸入したり薬を持ち込んだりするのは禁止されていないのです。

だから、インドで購入して日本に持ち込み自分用に使うのもセーフですし個人輸入という形にしておけば外国からジェネリック医薬品を取り寄せることもできるんですね。

しかし、これらは特にインターネット通販ではバイアグラと同様に結構偽物も多く存在しています。
現在は、バイアグラも国際特許が切れており日本国内でもジェネリック医薬品が製造されているので、安価で同様の成分の物を手に入れることができるようになっています。

なので、安全面を考えるのであれば無理に個人輸入をしなくても医師の処方などでジェネリック医薬品を選択することもできます。

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket