カマグラの製造過程について

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket

ED治療薬のジェネリック医薬品は、カマグラを始めタダシップなど沢山の物が最近は出てきていますね。

ジェネリック医薬品、というのは後発医薬品のことで開発までのコストを削減することによって、販売価格を下げるということができるようになっているのです。

現在、このカマグラは正規品のバイアグラに比べると数倍近くの値段が下がるという非常に経済的負担が少ないんですね。
実際、日本国内ではED治療薬の処方は自由診療になっており保険が利かないのです。

だからこそ、より経済的な負担を減らしてくれるジェネリック医薬品はとても重宝しているんです。
とくに、ジェネリック医薬品の開発が盛んなインドではそういった傾向が強いですね。

カマグラの製造過程

このジェネリック医薬品もインドのアジャンタ社で製造されている物で、カマグラゴールドなどが国内の主力ED治療薬として注目されています。

さて、しかしなぜアジャンタ社のジェネリック医薬品はこんなに値段を安く取り扱うことができるのかというと製造過程でのコスト削減ができるからなのです。

本来の正規品は薬品の企画から研究、そして実験から治験が行われ承認が行われることによって販売ができるのです。

安全面などを考えても仕方のないことなのですが、やはり時間と資金がかかりますのでどうしても価格が高くなってしまうのです。
しかし、インドでは成分特許がありませんので同じ成分の物をそのまま製造することができるため、安全確認などの過程を飛ばすことができるのです。

治験データを集めるのもコストも時間も手間も半分で済みますので、ジェネリック医薬品がこんなにも出回っているのです。

海外製なので規格も日本とは違う

ジェネリック医薬品なので、インドで製造されている物は50mgと100mgがあってインド国外に流通する輸出されているものは基本的に100mgの物が殆どです。

日本の、正規品であるバイアグラは25mgと50mgしか規格がないのに大して真逆になっているというわけですね。
なので、服用する際は錠剤の場合はピルカッターなどを使うこによってサイズを半分にしてから半分ずつ服用することが望ましいとされています。

海外産の物でも効果が強すぎたり副作用が強かったりする心配はありません。

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket