カマグラを服用する際の注意点はありますか

GREE にシェア
LINEで送る
Digg にシェア
Pocket

基本的に、ED治療薬は医師に診断してもらいその結果で処方薬として処方してもらうのが原則です。

当然、診断してもらってから処方されるので自分のEDの状態などを鑑みてそれに合ったED治療薬を渡してくれるし、何より使用上の用法用量などを説明してくれます。

なので、使用する際もそれを守っていればとりあえず安全に服用することができるわけですね。

しかし、カマグラやカマグラゴールドは日本では流通していないため個人輸入などで購入するしかありません。

となると、間に医師の診断や処方がないため安全は自己判断と自己防衛によってしか守ることができないのです。

だから、猶のこと服用する際には正しい知識を持っていなくてはいけません。

そのまま飲むのは危険

日本でバイアグラを購入したことがある人ならば知っているかと思いますが、日本ではバイアグラの規格は25mgと50mgまでしか販売しておらず、海外では一般的な100mgの販売は行われていないんですね。

しかし、個人輸入で手に入れるカマグラは100mgを取り扱っているのが普通です。

100mgというのは、実は勃起成分で言うとかなり多いほうで特に日本人の体には多すぎます。

だから、1回ごとにそのまま飲むのは実はあまりよろしくないことなんです。

バイアグラと同様に、一度の服用の後は24時間間隔をあけたほうが安全ですからね、そのためには1回の服用にピルカッターなどを利用することで錠剤を半分にし、物理的に1回あたりの服用量を50mgと通常のバイアグラと同じにしてしまえばいいのです。

そうすれば、大すぎる量を服用してしまって副作用が強くなってしまうということもなくなるかと思います。

効果は薄れないのか

しかし、半分にしてしまうなんて効果が十分得られないようになってしまうのかという心配もあるかと思います。

その点もご心配なく、先ほど言った通りこれらのジェネリック医薬品はそもそも規格が倍の物を取り扱っているのです。

効能のある成分は同じくシルデナフィルであり含有量も有効成分規格ですからね。

半分にして利用するのが、ちょうど日本で処方されているED治療薬の成分量と同じになるので安全だし効き過ぎるというようなこともありませんので効果が薄れる心配もないです。

GREE にシェア
LINEで送る
Digg にシェア
Pocket