国内カマグラの溶解度の違い

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket

元々、バイアグラのジェネリック医薬品はインドのカマグラがかなり早い段階で完成しました。

それは、インドの製薬に関する特許の制度が国際特許とは違った形をとっているからです。

長らく、ジェネリックはそれ一つでしたがようやく近年では国内の厚生労働省によりバイアグラジェネリックが発売されています。

バイアグラの有効成分、シルデナフィルの物質特許は2013年に満了しており、同時に勃起不全の治療に対する用途特許は2014年に満了しており、国内製薬メーカーでもバイアグラのジェネリックが製造できるようになりました。

国内のバイアグラジェネリックとカマグラの違い

どちらも、シルデナフィルという成分を使った医薬品ではあるのですが若干国内バイアグラジェネリックのほうが割高になっています。
しかし、カマグラから学んだというかいいところを取ってOD錠という水なしで口の中で溶けて飲むことができる形式になっているのです。

味も、レモン風味やコーヒー風味など、飲みやすい物に代わっており従来のバイアグラよりも薬を飲むことが苦手な人への配慮がされているなど、元々のジェネリック医薬品の形のメリットをしっかりと取り入れているので従来の物に慣れている人も移行が楽になるかと思います。

ジェネリックが効かないという人へ

しかし、ネットの評判などを見ると時々ジェネリック医薬品を買ったのに全然利かないし勃起なんかしないという人もいます。
ああいう口コミをみるとやっぱり不安ですよね。

確かに、海外から個人輸入をした場合は偽物を掴まされたりして効果がないこともあるにはあるのですが、実は国内のジェネリック医薬品には基本的には偽物という物はありません。

国内生産であれば、ジェネリック医薬品でも医師の処方を受けてから服用しますからね。

では、なぜ効果がないなんてことになるのかというとそれは空腹時に服用するという飲み方を守っていないことが多いからなんです。
バイアグラもそうなのですが、この手のED治療薬は胃の中に物がある状態で服用すると溶解度などにより効果が薄くなり、吸収率が悪くなってしまうのです。

だから、最低でも食事の後は2時間はあけて服用しないと正しく効果が表れないことがあるのです。
これは正規品でも同じです。

Share on GREE
LINEで送る
Bookmark this on Digg
Pocket